Docker2

Docker その2

コンテナの基本的な動かし方

# run = create + start
docker run busybox echo hi there
> hi there

# コンテナ作ってスタートさせる
docker create --name my-busybox busybox echo hi there
docker start -a my-busybox
> hi there

# 一定期間後に終了
docker stop CONTAINER_NAME
# 直ぐに終了
docker kill CONTAINER_NAME

# Image,Container,Volumeの数や容量を表示
docker system df
# 止まってるContainer, 使われてないVolume, 使われてないNetwork, 使われてないImageを削除
docker system prune

# 現在動いているredisコンテナにアクセスする
docker run --name myredis -d redis
docker exec -it myredis redis-cli
127.0.0.1:6379> set my-number 5
> OK
127.0.0.1:6379> get my-number
> "5"
# CTL-Cで終了

# Shell Scriptモードで起動
docker run -it busybox sh
/ # ping google.com
> 64 bytes from 172.217.31.174: seq=0 ttl=51 time=3.399 ms
> 64 bytes from 172.217.31.174: seq=1 ttl=51 time=3.672 ms
^C
/ # echo hello
hello
/ #
# こんな感じでbusyboxはシェルスクリプトが使える

Dockerfile

公式Reference

書き方

  • Dockerfile -> Docker Client -> Docker Server -> Imageの流れでイメージが作られる.
  • Dockerfileに書かれてあること1行ずつに対して履歴を取っている.

以下をDockerfileとして保存して,

FROM alpine
RUN apk add --update redis
CMD ["redis-server"]

以下でイメージをし,

# 最後の「.」はDockerfileがある場所を指定している.
docker build .
> 色々出てくる
> Successfully built 8fcebe7331d6

以下でコンテナを走らせる.

docker run 8fcebe7331d6
> 色々出てくる

Best Practices

タグ付け

以下のようにしてタグ付けを行う.

docker build -t solareenlo/redis:latest .

1つずつイメージを作っていく

docker run -it alpine sh
/ # apk add --update redis
> インストールされる

別のターミナルを開いて, 以下のようにcommitで新たにイメージを作成する.

docker ps
> コンテナの情報
docker commit -c 'CMD ["redis-server"]' <コンテナのhash値か名前>
> sha256: イメージのハッシュ値
docker run イメージのハッシュ値
> 新たに作ったイメージからコンテナが走る

Dockerfileの効率的な作り方

  1. ベースにするDockerイメージを決める.
  2. docker run -it --name custom-container <元となるdocker image> shでコンテナに入る.
  3. コンテナ内で色々インストールしたり, 設定したりする.
  4. うまくいったらその内容を1行ずつメモする.
  5. いい頃合いで, exitでコンテナからログアウトし,
  6. docker commit custom-container solareenlo/custom-image:latestで新しいDockerイメージを作成する.
  7. そして, docker attach custom-imageで再度コンテナに入る.
  8. 失敗したらexitして, 再度docker run -it solareenlo/custom-image:latest shして, コンテナに入る.
  9. ファイルの取り込みやポートの外部公開が必要ならオプション付きでdocker runを行う.
  10. 最後に作業内容をDockerfileに書き込む.

Node.jsを動かした例

# ベースとなるイメージ
FROM node:alpine

# 以降での作業ディレクトリを指定する
WORKDIR /usr/app

# package.jsonとpackage-lock.jsonを先にコピーする.
# package*.jsonだけを先に個別コピーすることで, パッケージ変更時は`RUN npm install`が走るが
# それ以外のファイル変更時は同コマンドにはキャッシュ利用で飛ばされるため, ビルド時間を短縮できる.
COPY ./package.json ./
RUN npm install

COPY ./ ./

# デフォルトのコマンド
CMD ["npm", "start"]
# イメージをビルドする
docker build -t solareenlo/simple-docker-nodejs .
# コンテナを走らせる
docker run -d --name simple-docker-nodejs solareenlo/simple-docker-nodejs
# コンテナの中に入る
docker exec -it simple-docker-nodejs sh

コード例: solareenlo/simple-docker-nodejs

再起動

オプション 意味
no 再起動しない (デフォルト)
on-failure[:max-retries] プロセスが0以外のステータスで終了した場合, 最大:max_retriesの分だけ再起動を行う.
always 明示的にstopがされない限り, 終了ステータスに関係なく常に再起動を行う.
unless-stopped 最後にdocker daemonが起動していた際にステータスが終了状態だった場合は再起動しない. それ以外はalwaysと同じ.

テストを行う

docker build -f Dockerfile.dev -t frontend .
docker run -d -p 3000:3000 --name frontend frontend

コード例: solareenlo/frontend-docker-react

React > Nginx と繋げるのをDockerfileだけで行う

Dokcerfileに以下のように書き込む.

FROM node:alpine as builder
WORKDIR '/app'
COPY package.json .
RUN npm install
COPY . .
RUN npm run build

FROM nginx
COPY --from=builder /app/build /usr/share/nginx/html

そして,

docker build -t nginx-react .

1つ目のFROMでReactのイメージができ, 2つ目のFROMでReactの結果を引き継いだNginxのイメージができる. そして, 以下でコンテナを走らせる.

docker run -p 3001:80 nginx-react

コード例: frontend-docker-react

Travis CIに繋げてテストを実行

Travisにアカウントを作成して, GitHubと連携して, リポジトリを登録して, 登録したリポジトリの.travis.ymlに以下を書き込む.

sudo: required
services:
  - docker

before_install:
  - docker build -t solareenlo/frontend-docker-react -f Dockerfile.dev .

script:
  - docker run -e CI=true solareenlo/frontend-docker-react npm run test -- --watchAll=false

そして, GitHubにpushすると自動的にtestが行われる.
コード例: solareenlo/frontend-docker-react

Dockerfile(React, Nginx) > GitHub > Travis CI > AWS Elastic Beanstalkとデプロイする

大まかな流れ

  1. npm install -g create-react-appcreate-react-appをインストールして簡単なページを作成する.
  2. 上記のDokerfileを作成する. こんな感じ.

    FROM node:alpine as builder
    WORKDIR '/app'
    COPY package.json .
    RUN npm install
    COPY . .
    
    RUN npm run build
    FROM nginx
    EXPOSE 80
    COPY --from=builder /app/build /usr/share/nginx/html
  3. GitHub, Travis CI, AWSでそれぞれアカウントを作成する.

  4. GitHubにコードを1度pushする.

  5. AWSElastic BeanstalkでDocker(React, Nginx)用のwebアプリケーションの基盤を作成する.

  6. Elastic Beanstalkで作ったwebアプリケーションのファイルを保存しておくためのストレージをAWSのS3を使って作成する.

  7. Elastic BeanstalkにアクセスするためのアクセスキーとシークレットキーをAWSのIAMを使って作成・保存する.

  8. Travis CIでAWSのアクセスキーとシークレットキーを設定をする.

  9. .travis.ymlを作成する. こんな感じ.

      sudo: required
      services:
        - docker
      before_install:
        - docker build -t solareenlo/frontend-docker-react -f Dockerfile.dev .
      script:
        - docker run -e CI=true solareenlo/frontend-docker-react npm run test -- --watchAll=false
      deploy:
        provider: elasticbeanstalk
        region: "us-east-1"
        app: "frontend-docker-react"
        env: "FrontendDockerReact-env"
        bucket_name: "elasticbeanstalk-us-east-1-998768475306"
        bucket_path: "frontend-docker-react"
        on:
          branch: master
        access_key_id: $AWS_ACCESS_KEY
        secret_access_key:
          secure: "$AWS_SECRET_KEY"
  10. ローカルのソースコードをGitHubにpushする. 全ての連携が上手くできていれば, GitHubのpushを感知して, Travis CIでビルドとテストが行われ, テストがOKならAWSのElastic Beanstalkに自動でデプロイされ, 規定のURLにReactのサイトが表示される.

  11. 出来たサイト: http://frontenddockerreact-env.fbdmefkujd.us-east-1.elasticbeanstalk.com

コード例: solareenlo/frontend-docker-react