Blockchain

Blockchainとは

  • 正しい記録しか記録できず、記録を変更・改ざんできない。(耐改ざん性)
  • 管理者不在で、参加者全員で共有・運用する。(非中央集権・トラストレス・自律的)
  • ネットワーク共有型データベース。(分散型DB)
  • 後方参照するハッシュポインタをもつ連結リスト
  • Reference: ブロックチェーンのデータ構造をJavascriptで作ろう

Blockchainの仕組み

  • プロトコルに従った書式のDBだけが記録される。
  • 参加者全員によって合意されたデータだけが有効となる。
  • 一度書き込まれたデータは変更も削除もできない。
  • システム全体を止めることはほぼできない。
  • 記録されるのは取引の履歴だけ。

BlockChainの歴史

  • 1980年代のリバタリアニズム.
  • 中央集権が可能な限り最小限でなければならいという考え. 政治的イデオロギー.
  • 1990年代のサイファーパンクの結成
    • 個人の通信における本当のプライバシーを我々に与える保障を、法的にではなく物理的・数学的に保証する。
  • サイファーパンクの理念

BlockChainにはブロックが必要?

  • 台帳記録にはブロックは必須要素ではない.
  • ブロックの承認のためのルールが記載されている.
  • コンセンサスを駆動する本体はブロック
  • ノードは単なるスクリプト処理系

BlockChainのコンセンサスによるガバナンス

BlockChainが発達すると消える産業

Blockchainの進化

パターン1

  • Blockchain 1.0: デジタル通貨の実現(例: Bitcoin)
  • Blockchain 2.0: デジタルアセットのオンライン流通を実現, 金融分野
  • Blockchain 3.0: スマートコントラクトやDappsの実現, 非金融分野(医療情報, 商流管理, 資産管理, 土地登記など)
  • Reference: 「ブロックチェーン3.0」への電通の挑戦

パターン2

  • Blockchain 1.0: 暗号通貨
  • Blockchain 2.0: スマートコントラクト
  • Blockchain 3.0: アプリケーションの拡張
  • Blockchainの適用は, ヘルスケア, 知的財産権, 教育, そしてマテリアルに徐々に広がっている. ネットワーキング, 経済の共有, コミュニケーション, 社会管理, 慈善事業, 文化, 娯楽などの幅広いアプリケーションに広がっている.
  • Reference: Knowing the Blockchain 1.0, Blockchain 2.0, Blockchain 3.0, and Blockchain 4.0

Blockchain関連の市場規模